2014年4月アーカイブ

まぁなんというか、
すべてが自業自得なんですよね。

韓国経済がどんどんと悪化し続けています。
まぁざまああwwwwww

としか思いませんが、
それでいいんじゃないんでしょうか。

韓国経済の悪化
その引き金を引いているのは、
サムスン電子や現代自動車の業績悪化です。
韓国の経済というのは、
それらの企業を含む十大財閥がなんと、GDPの7割をしめるという、
異常に偏ったカタチとなっています。

ちなみにサムスン1社でその中の2割にも及んでいるんですね。

なので、サムスンや現代の業績悪化=韓国経済の悪化につながっているわけです。
特にサムスン電子は、
すでにスマートフォンが普及しきってしまったという事で、
どんどんと業績が悪化しています。
主力商品の売り上げが悪化。
それが、2期連続の減収減益につながっているわけです。

日本のように多くの企業があり、
それらが複合して経済を支えている国なら、
1社、2社の業績悪化はたいした影響はありませんが、
異常な偏りも見せている韓国にとっては、
経済を直撃することとなるんですね。

今後、急激に業績が回復するとは思えませんし、
このままサムスンが沈めば、
=韓国がしずむということになります。
そりゃパニックにもなるわけです。

尖閣奪還

| トラックバック(0)
春になりましたねぇ。
ちょい前の時期に比べれば
だいぶん暖かくなりました。
もう暖房もほとんど必要なくなったしね。
でも暖房必要ないっていっても、まだまだ朝晩は冷えますね。
これが寒いと感じなくなったら、
もう本格的に春がきた。
そして夏が近づいてきたって事なんでしょうね。

さて、尖閣問題について。
先日こういう話がありました。

在沖縄米軍トップのウィスラー沖縄地域調整官が、ワシントンでメディアに話した
情報がニュースに乗っていました。

それによると、
もし、沖縄県尖閣諸島が中国に占拠されたとしても、
あっという間に奪還できる。
という風に語ったそうです。

尖閣が占領されるということは、
当然人民解放軍の兵士が島に上陸しているということです。
その脅威をどうやって取り除くのか。

ウィスラー調整官曰く、
米軍兵士を上陸させる必要すらないかもしれない。
海と空からの攻撃で十分だ。
と言っていたそうです。
まぁこれは実際にそうなんですよね。

もちろん攻撃が完了した後に、あとかたずけをするためには、
上陸する必要があるかもしれませんが、
脅威の排除だけなら、
あっという間に終わるわけです。
島の形がちょっと変わるかもしれませんけどね。

私は以前は郵便局で働いていました。その前は福岡のNPO法人で働いていました

そこにいた同僚のおじさんはトラックの運転手から転職してきた人で、郵便局には合わないくらいヤンチャな人でした。

通勤してきた車をお客さま用の駐車場に停めるし、郵便局の赤い車に派手なハンドルカバーを付けてるし。
あげくに自分の仕事量が多いとすぐにキレるんですよ。
大人げなくて見てて情けなくなっちゃいました。

トラックの運転手ってことは転職前は自分だけのペースで仕事をしていたということですよね。
郵便局も外の仕事は自分のペースですが、その日その日で人それぞれ仕事量が違います。
それを喚き散らして自分の思った通りにしようなんてのがおかしいのです。
トラックの運転手とは勝手が違うんですよ。

上司の面々もそのおじさんには困っていました。
いくら注意しても聞かないんだから。

そんなある日のことです。
おじさんが外で仕事していて事故を起こしてしまったんです。
それまでも何回か事故をしていましたが、その日の事故は車が大破、おじさん自身も怪我を負ってしまったのです。
何週間か入院したと思います。

それを期におじさんは辞めてしまいました。
人間て不思議なもので居なくなったら居なくなったで寂しく思ったものです。

噂によるとまた違うとこに転職したみたいですよ。
転職先でもヤンチャなことしてるのかなぁ(笑)

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。